浜松という異次元な世界の探求

浜松市に住んで初めてわかった他とは異なる文化、面白い事などなど・・・。浜松ゆるゆるLife♬

え~!驚きました!煌びやかなな祭壇、大変な浜松初盆準備

今年は義父の初盆。

誰を?何人に案内をする?

住職のスケジュールは?

お食事はどこで?

など、初盆を迎えるに当たり

色々大変だろうと思っていたが、

私の住んでいる浜松は想像を超えた・・・

 

浜松の初盆には、「初盆飾り」が必要なのである。

「初盆飾り」ってなに?

 

浜松の初盆準備

1.初盆飾りとは

4月になって、お寺から檀家の中で初盆を迎える人に「初盆説明会」の案内があり、お寺に集められた。分からない人が多いので、ご親切に説明があるとか。

初盆は誰でも1人1回きりである。とても大変そうだ・・・初盆準備スタートです。

 

私の実家(愛知県)では、玄関先に迎え提灯、迎え火、送り火を焚く、仏壇の前に盆提灯を飾るくらいですが、そう、浜松市(遠州地方)の初盆は、初盆専用の華やかな祭壇を飾り、お花や籠盛といったお供え物を飾ります。

お花も籠に入ったものから、お店の開店お祝いや葬儀会場で良く見るような大きなスタンドに初盆用に飾られたお花まで・・・とにかく華やかです。

 

来客も私の実家(愛知県)では、家族、親戚が集まるくらいですが、遠州地方では、家族、親戚だけでなく、7月(新盆)か8月(旧盆)(地域によって違う)のいづれも13日か14日に「盆義理」(前回のブログ「なぜ?!町中黒服・・・。浜松(遠州地方)の「盆義理」って?!」で紹介)と言われる、ご近所や会社関係の方などが初盆のお宅を夕方に廻りお参りする風習があり町中喪服の人がいっぱい。初めて見たときはその光景にビックリしました。

 

では、初盆の飾りの説明に戻ります。

初盆飾りは、初盆専用の祭壇選びから始まります。祭壇は購入するのではなく、葬儀屋、お寺、仏具屋でレンタルしてくれるらしいとのこと、義父の葬儀をお願いした葬儀屋の初盆祭壇展示会(遠州地方独特?)があるらしいので、主人と行ってみた。

わぁ~。凄い!

このギラギラは何?ド派手~。

初めて遠州地方の初盆飾りを見た私。あまりの豪華さに驚いた。

義母曰く昔はもっとキンキラで華やかだったとのこと。

 

2.祭壇のサイズは

 祭壇は色々サイズはあるものの、とても大きい。

3.4段位の祭壇でサイズは色々あり、小ぶりの物からこれ部屋に入るの?(豪邸仕様?)というものまで。

標準だと進められたのが4号か5号。その大きさは

4号サイズ 高さ2.23m✖幅2.3m✖奥行1.65m

5号サイズ 高さ2.16m✖幅2.4m✖奥行1.65m

ですから、かなり大きいし迫力です。

我が家はお値段的に中間の4号になりました。

 


f:id:Yurururu:20190820220610j:plain

4号サイズ

 

f:id:Yurururu:20190829004817j:plain

5号サイズ

祭壇の他に祭壇に飾るものやお供えするもの、引き出物、盆義理のお返しなど結局、葬儀会社に言われるがまま、レンタル、購入するもの含め全て揃えました。何がいるか分からないので仕方ないですよね。

祭壇は初盆に間に合うように業者がきて設置してくれます。ただ、業者も初盆は祭壇の設置で忙しい為予約制です。

設置当日までに部屋を片付け祭壇の後ろの幕が張れるように。

当日は部屋に幕を張り祭壇を設置。祭壇の前には盆提灯の設置をしてくれました。

3.祭壇のお供えもの 

 初盆の日には祭壇に施餓鬼旗、お供え物(お菓子や果物)

霊供膳(ごはん、お味噌汁など一汁五菜)

お精霊様(おしょろさま/きゅうりの馬、なすの牛)※1 

お精霊様(おしょろ様)へのお供えもの ※2

施餓鬼米※3

などが並びます。

              

           f:id:Yurururu:20190921142252j:plain

          イラストAC

 

 

※1 お精霊様(おしょろ様)

お供え物の馬(キュウリに棒を足のように刺し、目、耳をつけ馬としたもの)と牛(キュウリをナスに変えて同様にしたもの)のことで、「お精霊さま(おしょろさま)」と呼び、先祖の霊が「キュウリの馬」で早く家に戻れるれるように馬で迎え、「ナスの牛」に荷物を背負わせあの世への帰りはゆっくりとという意味らしい。スーパーでプラスチックで模した物が売られている。

 

        f:id:Yurururu:20190921142239j:plain 

        イラストAC

                                                                                   

※2 お精霊様(おしょろ様)へのお供え物

お精霊様のご飯 蓮の葉(用意できる葉でよい)の上にご飯、御洗米とナスのさいの目切を混ぜたもの

 

    f:id:Yurururu:20191108085715j:plain

左:ご飯、右:御洗米、ナスのさいの目切りを混ぜたもの

 

※3   施餓鬼米(せがきまい)

初盆を迎える家、故人の兄弟、親戚などがお供え物するお米で、故人が男性なら、四角、女性なら三角のさらしの袋の中に1升くらいのお米をいれたもの。袋には『供 施餓鬼 太郎』など名前を書く。我が家は義母が作ったが、お米屋や、スーパーで購入できる。 

 f:id:Yurururu:20191108094511p:plain   f:id:Yurururu:20191108093017j:plain

                               

 

4.盆義理のお礼 

 

 その他の準備は、「盆義理」にいらっしゃる方々への会葬のお礼。「盆義理」にいらっしゃる方は、「盆供」と書かれた不祝儀袋に1,000円位を(1,000円が大半だが、故人との関係によりそれ以上の人も)お供えしてくだります。

その方々へのお返しとして会葬のお礼状、そうめん(大体がそうめんだが、その他にかつおぶしなどもある)、お茶(ペットボトル、缶など)を用意する。

 

 おわりに

葬儀会社でそうめん、会葬のお礼状は購入しましたが、お茶は少しでもお得になるよう、ネットで購入。どの家庭も同様みたいです。

義父の葬儀には330人位の方に弔問いただいたので、足りないのはいけないからと300人分そうめん他を注文しました。

 

それから初盆当日までにひたすらお礼状を折り、そのお礼状をそうめんにセットし、お茶と一緒にビニール袋に入れる作業をやりました。葬儀以上に大変です。

初盆当日はどうなることやら・・・。普段ゆるゆるな私にはとてもプレッシャーが。

誰にも失礼なく、何事もなく事が済みますように・・・。